スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小屋&五右衛門風呂 同時進行
小屋も壁を立てるとグッと建造物らしくなります。

でも・・・3面だけだと、なんだか・・・舞台みたくね?
漫才でもやるか?
PICT0037_20121226213256.jpg

実は 4面立てたところで 雨に降られました(泣)
ブルーシートをかぶせたのですが・・・
ダップリ雨が溜まり
巨大水風船になっておりました。
大雨だったら 崩壊していたと思います。

ということで 早急に勾配を付け
これでブルーシートも安心だろう。

PICT0066.jpg

小屋の中から見上げると
こ~んな感じ♪

PICT0067.jpg

しかぁし!!

ブルーシートで安心・・・・ではありません。
これでもダメです。
また雨に降られました(泣)

やはり水風船が出来てしまいます。

小屋を建てるなら
天気を見計らって

「屋根までは手っ取り早く仕上げましょう」


家訓にします。




・・・もう小屋は作らないだろうケド(笑)




五右衛門風呂は
孤独な戦いをしている私を見かねて
お隣の「師匠」が手伝ってくれました。

ブロックの積み方
鉄筋の入れ方
教えていただきました。

「弟子」としては呑気に写真など取っている場合ではなかったので
途中経過の写真はございませんが
煙道まで出来上がりました。

PICT0064.jpg

ちょっと「引き」で見てみましょう。

いいじゃあ あ~りませんか。
高さバッチリです。

PICT0070.jpg

そうです!

tomozoの野望は「ジャグジー風 五右衛門風呂」なんです。

ウッドデッキを拡張して
フラットで五右衛門風呂に入れるようにすれば
いちいち靴をはかなくていいでしょ♪

水着着用であれば 恥ずかしくないし
フラットなら みんなで囲んで「足湯」もできる♪

も~~~なんて素敵な企画なんざんしょ。




小屋とおふろの2ショット

PICT0065.jpg

師匠は本宅に帰られたので
tomozoはまた孤独な戦いです。

煙道を塞ぎます。
ブロックの隙間という隙間もふさぎます。

これで基本はできたんじゃない?

モルタル乾いたら・・・わかしてみちゃうぅ?

PICT0096_20121226213406.jpg


ここ伊豆高原の大室山の近くは標高も高いので
クリスマスイブに雪がパラつきました。
我が家は 山の南面なので積もることもありませんでしたが
山の北側にある「さくらの里」ではうっすらと雪景色になったそうです。

クリスマスといっても普通の1日だった我が家に
思いがけずクリスマスプレゼントが届きました。

マロンちゃんのご家族から
我が家の5ブヒをデコレートした手作りウェルカムボードです。

5ブヒの特徴をつかんでいて ちょ~可愛い♪
そして小学生とは思えない上手な仕上がり。
ありがとぉ\(^o^)/早速 飾ってるよ♪

PICT0021.jpg

マロンちゃんというのは 花沢さんが生んだ6匹のうちの1匹です。
ツヤツヤの毛並みと大きなお耳のべっぴんさん。

小学生のお姉ちゃん2人がいるおうちに
末っ子として迎えてもらいました。
初めて 仔犬を見に来たお姉ちゃんたちは「おっかなびっくり」でしたが
今やtomozo以上の犬好きになったようです。

我が家を「フレブルランド」と呼んで
愛知県から鎌倉まで毎年遊びに来てくれていました。
今度は 伊豆高原に来てくれるでしょう。楽しみに待っています。

なにも無い我が家ですが・・・・・
犬だけはたっぷりいるので(笑)

犬まみれになりたい方には パワースポットかもよ(*^^)v






~ボニータから愛を込めて~

boni.jpg


DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
おうち | 22:58:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
五右衛門風呂
さ、熱々のお風呂で身体を温めるべく
五右衛門風呂設置をガンバリマス。

しかしですね、マニュアルがあるわけでもなく
(簡単な築炉方法の紙は入っていましたが・・・)
決まりも あるようで ないようで・・・
ネットで色々調べましたが
何が正解で 
何が間違いか 
わかなんなくなっちゃいまして。

今の時代「五右衛門風呂」って・・・ 絶対的少数派ですからね(^_^;)

昔の人の気分になって作ってみようと(笑)

まぁ、ぶっちゃけ
下で火を焚きゃ湯は沸くんです。ってコトで。




穴を掘りました。
PICT0047.jpg

その中に耐火煉瓦を並べます。

耐火モルタルを使いこなす自信が無かったので

「埋めたらどうだろ?」
「そうだ、そうだ。土は燃えない」
「釜も安定するだろうし、いいんじゃない」

コレ↑全部独り言(笑)
一人で提案して 一人で納得して 一人で後押しする。

孤独な戦いです


PICT0050.jpg

色々なサイトを参考にしましたが
穴を掘っている方はいらっしゃらなかったような・・・
全くの素人tomozoが勝手にやっていることです。

これが正解だと言いきれませんので 良い子はマネしないでね(笑)



ホラ
ガッチリ 土の中で耐火煉瓦も安定してるじゃん♪
いけるんじゃない?
PICT0053.jpg

そんな甘くない。

釜を乗せるも レンガの炉の部分がデカすぎです。

何度も並べ替えてベストサイズにします。

これでピッタリ。
このころにはグラインダーも軽く操って
レンガを希望の形にカットできるようになりました。

PICT0058_20121221234915.jpg

ここは「炉」の部分で釜の下の部分ね。(熱々のところ)
ここから熱するのはもちろんなんですが
「炉」から出た煙を回して 釜の横の部分を優しく温めるわけです。

だから吹き上げ口(っていうのかな?)煙が上に抜けるようにスロープが付いています。

あと 排水用の隙間も開けておきます。

PICT0057.jpg

写真数枚で終わっていますが・・・・

孤独な戦いは2日間もかかってます。





同時進行の秘密基地はべニヤの下部分に防腐剤を塗って
やっぱり「乗せてみる」(笑)

PICT0024_20121221234844.jpg

壁ワクを作ります。

ワンコもお手伝い♪(かなりジャマ・・・)

PICT0036.jpg

下地処理が要らない「ラスカット」なるもので外壁部分にします。
これが立ち上がると 家らしくなるんでしょうね。
ワクワクします。

PICT0028_20121221234843.jpg

そうそう 五右衛門風呂をどこに設置したかと言うと・・・・・



じゃじゃ~ん
庭の真ん中
PICT0048.jpg

ウッドデッキのまんまえ
家からも、通りからも丸見えのセンターポジション♪

「みかんの小路」を降りたところ[裏庭]も候補だったんですが・・・
色々考えて ここに決定!!

この決定は tomozoの独断(笑)

猫の手さんは猛反対していましたが・・・・・完全無視。

ボスママも「え~~通りから見えちゃうのにぃ?」とささやかな抵抗をしていましたが・・・・あえなく撃沈。




まァ、見てらっしゃい。うふふ。




DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 00:52:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
おふろ
今日は我が家のお風呂ネタです。

まぁ、自宅のふろを公開するのもなんなんですが・・・・

これが このおうちを見に来た時に撮った写真です。

PICT0037.jpg

古いおうちの割には綺麗で広い。
温泉も付いている。
広い窓からの見晴らしは最高。

PICT0038.jpg

写真の撮り方が悪いか・・・・
実際はパノラマに海が見渡せる。

PICT0026_20121220222353.jpg
PICT0024.jpg



自慢のようにも聞こえますが・・・
現実をお教えしましょう。

初秋は良かったのです。
10月ごろから 「おや?」と思い始め
11月には危機感を覚え
12月で現実の厳しさを知りました。




広いタイル張りのお風呂は 熱々の温泉を溜めても
みるみる冷めます。

とにかく・・・・


寒いんです。




それから・・・・・

温泉が出るのは平日3時以降 土日は正午からと 給湯時間が決まっています。


2方向に広がる窓・・・パノラマの絶景ですが



夜は真っ暗ざんす







100歩譲って 土日にお昼から入ったとしましょう。

海が青かろうが 緑が爽やかだろうが

1段下がった湯船に入ると




空しか見えません。



窓・・・無意味です。


本当に 冬はあきまへん。とほほです。

とにかく身体が温まらないので
苦肉の策 アルミシートでお風呂の内張り断熱だ!!!

どうだ。
PICT0027_20121220222358.jpg


でもね。これじゃ↑味気ないでしょう。

みなさんならどうする?






tomozoのチョイスはこれです↓
「五右衛門風呂」
買っちゃいました~~~\(^o^)/

PICT0055.jpg
ゴメス入って「ゴメもん風呂」なんちゃって~~~

さぁ~どこに設置しようかなぁ。


そして 五右衛門風呂と同時進行で
「秘密基地」も製作開始。

PICT0017_20121220222355.jpg
庭の南西角・・・・猫の手さんが必死で木の根っこを抜いてくれたアノ場所に
5畳ほどの「小屋」にトライです。
まずは 土台設置
PICT0023.jpg








ジャイ君おふろはいるぅ♪
PICT0059.jpg



無謀な同時進行を応援して下さい<(_ _)>
DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 23:09:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
ウッドデッキ エピローグ
ウッドデッキを自作しました。
気になるところは かかった費用ですよね?
(あ、気にならない?)

まぁ、今日は結果報告みたいなもんで
おおよその金額を記録がわりに のこしておきましょ。

土台のピンコロ類23000円程度(金具付じゃなければもっと安く済んだよね・・・)
デッキのメインとなるヒノキ 束柱・根がらみ・根太・床板・手すり
これがネットで購入して12万
柵がホームセンターで10本ひと束の杉 1500円×2束
扉は杉の野地板10枚で2000円
階段SPF材1500円
ステンレスコーススレッド10000円位
塗料16000円
サンシェード生地4500円
サンシェードS字フック・ワイヤー関連3500円
合計183620円なり~~~
そして労働力はプライスレス(*^^)v

約3m×9mなので
広さの割には安く出来た・・・と思う。




今日は久しぶりにギャラリーを更新しました。
先日完成したスケートコスチュームを掲載。

飛び跳ねる仔猫をイメージしたコスチューム・・・というご希望でした。

よくあるパタンーンは「白猫ちゃん」か「黒猫ちゃん」なんだけど・・・・

でもね 
tomozo的にはあえての「三毛猫」さ。
ちゃんと猫耳とおしっぽも付けて遊び心満載。


cat.jpg


本業もがんばってます(*^^)v



DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す<(_ _)>
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 23:19:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
ウッドデッキ サンシェード
どろんこのトコに出たいでしゅ(アインシュタイン)
アッシュ待ってろ、俺様がデカイ顔ねじ込んで 開けてやるっ。(ジャイアン)

PICT0049.jpg

ムリだから・・・
ミシミシいってるから・・・・
壊さないで・・・・・


さて、ウッドデッキもサンシェードを付けたら完成です。

サンシェードは自分で縫います。
テント用の生地など探しましたが 案外お高いの。1m3000円くらいするのもあるんだね。
ざっと計算して 150cm幅の生地が10m程必要なのだ。
失敗するかもしれない生地に3万円は出せません。

ヤフオクで見つけた
150cm幅の撥水生地。1m450円
そして1㎡230gと重さの表記もあって参考になったので
(といいつつ 230gが最適なのかどうかはわからない・・・へへへ)
落札。

色が「スノーホワイト」とされている割に画像はくすんだ色で・・・
普通「スノーホワイト」って「まっ白」をイメージするよね?

で どっちがホントなのかな?ってちょっと悩んじゃったわ。

まっ白はイヤだな~
でも値段安いしな~
撥水だしな~
生地幅もちょうどいいしな~
結構葛藤しましたよ。

でも届いた生地はくすんだ白で 結果ラッキー
きっと「埃っぽいところの雪の色」だったんだと思う(笑)


3m30cmにカットして 3枚をハギ合わせます。
上からは見えないケド ここは丈夫さも綺麗さもこだわって 折り伏せ縫い。

PICT110008.jpg

そこからが大変
均等にヒダを作って縫っていくんだけど
横の長さが4m50cmのものを さばけない・・・
体育館のような広いところでもあれば別だけど
生活感の溢れたリビングでは半分に折ることすら至難の業(笑)
隙間を見つけて広げようものなら
「何?何?たのちいの?」
「あちょぶの?」と
嬉しそうにヤツらがやってくる・・・(苦笑)

ここは heizoに頭を下げヘルプを頼む。

そこからは ただひたすら縫う

PICT110006.jpg


そして 等間隔にハトメを付け(heizoが)
S字フックを通し ペンチで口をふさぐ(heizoが)
パーゴラにカーテンレールを取り付けて(heizoが)
S字の片方を引っかける(heizoが)




で・き・た~~~~\(^o^)/



PICT0025.jpg


と・・・・思ったら大間違いよ。

カーテンレールはちょうど不要分があったので
安直に取り付けましたが・・・・
両サイドのコマが内側に引っ張られ スムーズに動きません。
今にも壊れそう。
ってか プラスチックじゃ 劣化して絶対壊れる。

そして もうひとつの心配ごと
雨は大丈夫か?

ホースで試しに放水してみました。

さすが撥水生地です。
水を通しません。

でも 流れません。とほほ。

水風船のように いたるところに溜まっていきます。
傾斜が付いているので 大丈夫かと思ったのですが
この程度の傾斜ではダメでした。ガックシ。

水が溜まったところを 
下から棒で突き上げ 水を飛ばし
あっち行ったり こっち行ったりしてたら
猫の手さんが呑気に「ヒヒヒ、変な踊り・・」・・・って

踊ってませんっ!必死なんですっ!


カーテンレールは即撤去(-_-)

ワイヤーにします。
金具が嫌だったんだけど 仕方ない。
ワイヤーなら軽く滑りますもんね。
PICT0042.jpg

家側の金具は大きいので サンシェードのひとヒダの中に隠します。
これで下からは金具が見えません。

でもね 雨はクリアできていないのです。

ぴったり畳んであれば 雨の心配もないケド
金具を隠すために 常に1番奥のヒダは開いているので
雨が降ったら 水風船になってしまいます。

PICT0043.jpg

(あまり好きでは無かったんだけど) 波板を付けました。
畳んだシェードを雨から守る為に少しだけね。


雨の度に「変な踊り」踊るわけにもいかないので・・・(苦笑)

PICT0044.jpg

そんな 失敗や妥協を重ね
やっと完成しました。

PICT0003_20121212000007.jpg

雨よけにもなれば 最高だったんだけど

作り直すアイディアも気力も無い状態です。

PICT0009_20121212000007.jpg



お天気のいい日は きもちいいでちゅ。
雨が降ってもデッキで あちょびたいでち


PICT0002.jpg

どなたか 雨がうまく流れる形態のサンシェードのアイディアあったら教えてください。
<(_ _)>



DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す<(_ _)>
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 01:07:38 | トラックバック(0) | コメント(7)
ウッドデッキ パーゴラ
パーゴラに着手です。

横板をコーススレッドで柱に打ちつける・・・というheizoの案に一抹の不安が・・・
かなりの長さがあるので 耐えられるのか?

だってtomozoはこのパーゴラにサンシェードを付けたいのだ。
風が吹いたら あおられてしまうでしょ。
なるべく丈夫にしなきゃいけないけど・・・・どうしよう???

そこにお隣の「師匠」登場。
いや「師匠」を見つけた私が半ば無理やり拉致状態。
アドバイスを強要。

切り込みを入れれば?

そーだー\(^o^)/それだ!!
でも あの高い位置の角材に「切り込み」って

脚立があるでしょ

そーだー\(^o^)/あるぞ!!

出番だ!heizo(笑)

PICT0041_20121208003543.jpg


できるもんです。

脚立に乗って丸ノコ&ノコギリを操ります。

8本の支柱に切り込みを入れ
横板を乗せ
今度は切り込みを入れた 縦の板を組み込みます。

PICT0007_20121208003543.jpg


ガッチリ組んであるので 安心♪

UPで見るとこんな風↓

PICT0008.jpg

これで サンシェードを取り付ければ完璧ザンス。
お~っほっほっほ。

PICT0003.jpg

パーゴラ ミッションでは
師匠にアドバイスいただき
heizoには江戸の火消しのように脚立上でパフォーマンスいただき
tomozoもノコギリがんばり
猫の手さんに ちょっと支えてもらって(笑)
みんなで 完成させました。

サンシェードはミシン縫いです。
tomozoのオハコです(*^^)v
「あとはtomozoの得意分野だからね♪heizo色々御苦労さまでした<(_ _)>」

やっと 解放だぁ~♪♪(heizo)


と、解放宣言したにも関わらず・・・・・・・・・

数日後には「heiちゃ~ん手伝って~」とヘルプを頼むハメになるわけです(笑)

なかなか手ごわいサンシェードミッションに続く。





昼間はDIY中心ですが、夜は本業に励んでおります。
(夜の本業って…怪しい・・・笑)

先日完成した海賊(男の子用)コンクール衣装。
スワロのキラキラってホント素敵です。
PICT0018_20121208001642.jpg


昼間のDIYも楽しいし
夜の衣装制作も楽しい

ケド

犬にまみれて眠る夜中が最高の時です。
今は寒いので、みんながモゾモゾお布団に入ってきて
tomozoにぴったりくっついてくれるんだ。

さ、今日もそろそろ(犬にまみれて)寝ます。

おやすみなさい<(_ _)>


DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す<(_ _)>
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 01:07:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウッドデッキ 扉&階段
デッキ部分は ほぼ完成です。
西と東の両サイドに扉が付きました。\(^o^)/

コーススレッドの頭が見えないデッキ面は素足でも気持ちがいいです♪
PICT0013_20121203222032.jpg

んん?

おやおや?何やら違和感??

扉をアップで見て見ましょう。

どれどれ?ジャイ君も見るぅ~
PICT0040_20121203222058.jpg

なんだか・・・・ワイルドだ・・・・・
PICT0009_20121203222031.jpg

このネジの頭とウエスタン風のラッチ&蝶番はOKなのか?

数日前のブログに
「エレガント」を所望していなかった?


気のせいです!

そういうことにしてください。(笑)


このラッチ便利なんです。
つまみを軽く上げると、さっと扉が開き
扉を閉めると自動でロックがかかるの♪


PICT0039.jpg

そしてリーズナブルな398円(*^^)v

ちなみに蝶番も398円でした(2個1セットで)

PICT0027_20121203222031.jpg

しかしだね・・・・
tomozoがラッチを開けるのを B-eggたちは待ち構えている訳ですよ。
(足元でブヒブヒと鼻息荒く フライング気味に・・・)
扉を開けるやいなや デカイ顔をねじ込んできて
tomozoより先に 弾丸のように庭に飛び出していきます。

犬を庭に出したくない時(雨上がりで足が汚れる・・とか、宅配便が届いた・・・とか)は
仕方ないので 人間様がこの扉をまたぎます。とほほ。


何のための 「扉」なんだかねぇ。
どこが「エレガント」なんだかねぇ。


現実って そんなもんよ。甘くないわ。




階段部分は うまくできるか自信が無かったので
とりあえず安い材料で練習しようと SPF材で作りました。

左右で地面までの高さが微妙に違うし・・・
合わせながら作るしかないね。
PICT0009_20121203231900.jpg

階段って 寸法ばっかり気にしていると「あっちゃ~~~」って思うようなことがある。

設置場所にも色々な条件があるわけだし
ネットで調べても あまり詳しくのってるサイトは無かったもんね。

なんとなく・・・こんなかな?という適当さで
何度となく・・・手直しして

PICT0011.jpg

予想外にいい出来です。
グラつかないし 踏み幅もGOOD!!

傷んできたら もちっと丈夫な材料で作り直せばいいね。
実物が型紙になるさ。

東側は2段
西側は1段のミニ階段です。


PICT0016_20121203222036.jpg

この写真↑パーゴラが組みあがってる(笑)


DIYボタンをポチっとワンクリック!お願いしま~す<(_ _)>
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 22:55:57 | トラックバック(0) | コメント(2)
ウッドデッキ 柵
前面の柵を 少し浮かせて取り付け完了。

横の柵の完成を待てず
ハンター放出・・・(*^^)v

たのちい♪
うん、悪くない
PIC1252211452.jpg


西側も同じようにラティスで代用
PICT0015_20121201211528.jpg

柵の上部分はビスの頭が見えます。
↓こんな風にね。
PICT0111411003.jpg

床板にビスが見えないようにがんばったのに
このままでは片手落ちです。

ということで 
上に一枚ヒノキの板を重ねます。
よく見ると手すりの部分が重なっているのがわかると思います。


PICT0030.jpg

柵と手すり部分が完成です。
PICT0018_20121201211631.jpg
お庭からの全体像
PICT0031.jpg
柵の下に隙間があると デッキに落ちた落ち葉などを掃き出せるのでとても便利です。
PICT0028.jpg

高すぎて、斜めになっていた柱も
柵を入れることによって まっすぐになりました。

あとは・・・・

「扉」と~
「階段」でしょ~
「パーゴラ」も頑張って
「サンシェード」で完璧よ♪

扉は早急に対応しないといけません。

花沢さんが、紐&ラティスがモロイ・・・ということに気が付いたようです。
脱走の機会を虎視眈々と狙ってます。




なんとブログランキングDIY部門
ここ数日5位キープ
下のボタンで確認できます(*^^)v
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村

おうち | 21:45:51 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。